スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィラリアの薬と混合ワクチン。

CIMG2061.jpg

 昨日 子犬にフィラリアの薬をあげた。 10月11日に 長男の平吉を 渡す事になっているので フィラリアとワクチンを考えて 昨日は フィラリアの薬をあげた。
 
 リンにあげているのと同じやつで プロハートです。 プロハートは一番安全性の高い薬で、生後4週間たてば上げる事ができると説明書には書いてある。 プロハートの特徴は ミクロフィラリアという フィラリアの幼虫は殺さない事。 これで安全性が高くなるのだそうだ。

 フィラリアというのは不思議な生き物で 幼虫で生まれて そして蚊に吸われて 別な 生き物の中に入らないと成虫にはなれないのだという。 生まれてから2年の間に 別な固体に移れなければ死んでしまうのだそうだ。 つまり このプロハートは 蚊によって移って来たフィラリアを殺す薬です。

 昨日あげて 今 10時半 子犬は至って元気。食欲もいつもどおり。

 無事 フィラリアの投薬は終了しました。

 次は 11月の初めにあげよう。

 神奈川県のフィラリアの20年間で最終感染記録は11月の後半。 12月の初めで今年のフィラリア投薬は終わりかな?

 混合ワクチンの摂取予定は 今秋の金曜日。9日に予定している。

 母親からの移行免疫の有効期間というのが 45日から120位なのだそうだ。 個体差が大きく なんともいえないとのこと 掛かりつけの病院にきくと63日目で 摂取するのが良いとの返事だった。

 10月9日は60日目にあらたる。 10月12日に 栃木の人に平吉を渡す予定なので その3日前にすることにする。 僕の 根拠の無い推測だが 優日の子はきっと 強い免疫をもっていると思う。
 理由は優日の食事と。優日の健康状態。 優日は生まれてこの方一回も病気をしたことがない。
 生食とニンニクで 鍛えた(?)からだなので きっと つおい。と思う。 思いたい。

 で、一回目のワクチンは 捨てワクチンだと思う。 でも念の為 摂取します。
 
 一ヵ月後 追加のワクチンを接種する予定。 

 ウチの子は その後は 一年後に摂取。 その後は 3年ごとの摂取にしている。

 これも 色々調べた。

 ワクチンに関する記述も実に様々。 

 ウチの最年長犬は花ちゃんなのだけど 今8歳を越えた。 ワクチンについては 3年ごとなんだけど
 感染した事は無い。

 今度 ワクチンについても 詳しく書こうと思う。

 今のところ ワクチンの過剰摂取の弊害を 考慮することと。 やはり ワクチンは重要だと考えるので 3年ごととして やっています。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

インフルエンザワクチンは別として毎年はワクチン接種しないですよね。
なんで犬のワクチンは毎年なの?犬ワクチンの半減期ってそんなに短いの?って疑問に思った事がありました。
24年前、飼い始めた多分甲斐犬、おそらく甲斐犬は毎年の狂犬病予防接種のみで元気だったし14才まで生きました。
とても興味深い内容で、早く知りたいです。

長男ちゃん 栃木?? もしかして…
プロフィール

熊田熊五朗

Author:熊田熊五朗
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。